温泉

ここがすごい!リヴァージュ・スパひきがわの極上天然温泉!!
『圧倒的な湯ヂカラ! pH10.1のつるすべ強アルカリ泉!美人の湯』
和歌山県、南紀日置川・志原海岸の地底から湧き出る天然温泉を
そのまま温浴場に引いた「渚の湯(源泉湯)」は、加水をしないかけ流し100%のピュアなお湯。
その泉質は、水素イオン濃度pH値10.1以上のあるアルカリ泉質で、関西地方でも指折りの数字。
「つるすべ」っとした肌ざわりと高い美肌効果、そして湯冷めしにくいのが特徴です。
「源泉湯」は源泉がそのままそそぎ込まれており、少しぬるめの34~36度(ぬるい分、長湯が楽しめます)

入った瞬間から誰もが実感されます、すーっと肌がとけるようにツルツルとお湯が吸い付きます!
広い大浴場をはじめ、源泉風呂、薬草風呂、気泡風呂、足つぼ湯、サウナ、水風呂、
志原海岸を見下ろせる露天風呂、海岸沿いの足湯、貸切家族風呂など
人気のお風呂と太平洋の雄大な景色を楽しみながら、ゆったりと良質な湯を楽しんでください。

自慢のお風呂

目の前に太平洋が広がる大浴場
ぬるめのお湯で長風呂に最適な露天風呂

源泉湯

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺
関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病
痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

ただし「うちみ」「くじき」は発症直後の
熱、腫れがある時は禁忌
 かけ流し100%、加水加温は行っておりません。
 吸い付くような強アルカリの力をご体感ください。
 病みつきになります!

その他、様々なお風呂でリラックス

【薬草風呂】地元産「よもぎ」を使用。皮膚病におすすめ
【気泡風呂】からだ全体をゆっくりやさしい泡が包み込みます
【足つぼ湯】ゆっくりじっくり歩いてつぼを刺激でき、デトックス効果あり!
【水風呂】サウナ等で火照ったからだを素早くクールダウン。
【貸切家族風呂】露天風呂と内風呂、 待機スペースも完備。50分2,060 円 (ご宿泊者は1,030円) ※要予約
 
  • Photo
  • Photo
  • Photo

足湯

海に面した前庭にある東屋が足湯です。
温泉成分は源泉と同じですので効果を実感してください。
無料ですので、どなたでもお気軽におためしください。

源泉詳細

【源泉名】 日置川温泉 渚の湯
【湧出地】 和歌山県西牟婁郡白浜町大字日置1013-25
【分析機関の名称】 和歌山県環境衛生研究センター
【氏 名】 辻澤 廣、畠中哲也
【調査及び試験年月日】 平成21年7月15日
【知覚的試験】 無色透明にて、微弱硫化水素臭、無味である。
【pH値】 10.1 ▶「水素イオン濃度」による分類
【泉 温】 34.4℃(調査時のおける気温32.5℃)
【湧出量】 195L/分(動力揚湯 30.0馬力)
【泉 質】 アルカリ性単純温泉(液性、浸透圧、泉温による分類:アルカリ性低張性温泉)

美肌効果とは

「美肌効果」は療養ではないので適応症と認められておりませんが、科学的には不要な角質をとり“ツルツル肌”をつくる効果や毛穴の汚れをとったりメラニンを分解したりすることによる“美肌効果”が認められています。

温泉ソムリエ協会認定「温泉ソムリエ」矢島 清
pH値

美肌効果があるものに「アルカリ性」の温泉があります。「pH値7.5以上」の温泉がそれにあたりますが、日置川温泉は「pH値10.1」もあり「強アルカリ性」に値しております。「アルカリ性単純温泉」、「炭酸水素塩泉」、「硫酸塩泉」、「硫黄泉」を4大美人泉質と呼ぶこともあります。

源泉温度

日置川温泉の源泉湯温は34~36度であり、源泉温度が低いと肌に優しい温泉である場合が多いといわれております。

浸透圧

浸透圧の意味としては、高張泉は温泉の成分が体に浸透しやすく、低張泉は水分が体に浸透しやすいと考えればいいと思います。このことから、高張泉の方が湯あたりしやすいとも言えます。日置川温泉は水分が体に浸透しやすい「低張泉」となっております。

「美人の湯」とは

温泉の中には「美人の湯」と呼ばれているものが数多くありますね。一般的に「炭酸水素塩泉」、「硫酸塩泉」、「硫黄泉」、「アルカリ性単純温泉」などの、美肌効果のある温泉がそう呼ばれており、これらは「四大美人泉質」という輝かしい称号ももっています。

「美肌効果」と「適応症」

古くから「湯治」の文化が根付いている日本では、医学的見地からも「温泉療養」という形でその効果が認められています。そして、「温泉療養」を行う事で改善を見込める症状を「適応症」と呼びます。痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病など、様々な適応症が存在するのですが、実は、その中に「美肌」という項目はありません。温泉成分の作用で美肌になることは認められているのですが、適応症としては紹介されないため、美肌効果のある「美人の湯」を見極めるためには、すでにご紹介しました「四大美人泉質」のような「泉質」についての基礎知識が必要になってくるわけです。という事で「四大美人泉質」の基本をご紹介しておきましょう。


アルカリ性単純温泉は、pH値が高いほど肌の角質をとる効果が高く、pH10以上の(強)アルカリ性単純温泉などは、古い角質層の新陳代謝を促進、くすみの解消など、特に美肌効果の高い温泉として注目されています。日置川温泉「渚の湯」は、測定値pH10以上の、(強)アルカリ性単純温泉です。湯船につかってすぐに、肌がつるっとしてくるのを実感できると思います。ただ、角質が取り除かれると、赤ちゃんのように無防備な状態の肌となるため、入浴後の乾燥に気を付ける必要があります。保湿など、入浴後のケアを忘れないようにしましょう。(強)アルカリ性単純温泉の、優れた美肌効果をさらに高めるためには、ただ入浴するだけではなく、保湿などのケアも含めたトータルラインを意識することが重要です。これを、「美人入浴法」と題しまして、温泉ソムリエとして責任をもってご紹介させていただきます。

携帯サイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。

スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。